×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

物理のおすすめ参考書比較ナビ!

                         物理のおすすめ参考書を徹底比較!

おすすめ参考書
比較ナビTOP

==== 語学系資格 ====

 TOEIC

 英語検定

 中国語検定

=== ビジネス系資格 ===

 日商簿記検定

 宅地建物取引主任者

==== その他資格 ====

 秘書検定

 色彩検定

==== 大学受験 ====

 英語

 数学

 国語

 理科
   化学1・2
   物理1・2
   生物1・2
   地学1・2
   理科総合A・B

 地歴公民

 小論文

==== TOPICS ====

 ・資格難易度と学習時間

==== その他 ====

 ・リンク




最終更新:2014/07/14

物理のおすすめ参考書

このページは、大学受験物理のおすすめ参考書について記載しています。
理科の概要化学1・2生物1・2地学1・2理科総合A・Bはページ移動をお願いします。

物理のおすすめ参考書プラン


センター試験のみを目指す受験生:

橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (力学編)
橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (熱・波動・電磁気編)
大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
大学入試 坂田アキラの 物理基礎・物理[電磁気・波動・原子編]の解法が面白いほどわかる本

中堅国公立、私立を目指す受験生:

大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
大学入試 坂田アキラの 物理基礎・物理[電磁気・波動・原子編]の解法が面白いほどわかる本
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

難関国公立、私立を目指す受験生:

大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
大学入試 坂田アキラの 物理基礎・物理[電磁気・波動・原子編]の解法が面白いほどわかる本
物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
新・物理入門 (駿台受験シリーズ)



原則的に、この基本プランをやり込めば、物理の得点力は飛躍的に向上します。
ご自身のレベルや時間に合わせて、各ページを参考に、適宜アレンジして学習を進めてください。
理科の参考書についての詳しい解説も各ページに記載しております。
リンクをクリックすればレビューを見ることができます。


物理のおすすめ参考書

1位  大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
概要:参考書 おすすめ度:★★★★★
レベル:全ての受験生向け ボリューム:普通
とても分かりやすい参考書。「力学」と「熱力学」分野をわかりやすく学習できます。 新課程への改訂として、「物理基礎」と「物理」で学習する内容を科目別ではなく分野別に構成しています。 一貫してすべてのテーマを「シンプルな万能解法」で解説しているので、理解しやすい参考書になっています。


2位  大学入試 坂田アキラの 物理基礎・物理[電磁気・波動・原子編]の解法が面白いほどわかる本
概要:参考書 おすすめ度:★★★★★
レベル:全ての受験生向け ボリューム:普通
物理が苦手な人が、教科書と平行して使えば効果あり。偏差値50くらいの人も、問題だけでも解いてみる価値はあります。 問題の解き方が完璧に身につきます。坂田流の絶妙な問題選びと配列、途中計算をとばす事の無い詳しい解説に加え、見やすい図解が人気です。


3位  物理のエッセンス 力学・波動 (河合塾シリーズ)
概要:参考書 おすすめ度:★★★★★
レベル:中堅〜難関大志望の受験生 ボリューム:普通
大学受験の物理の参考書や問題集の中で最も知名度の高い参考書と言っても過言では無い参考書。 学校の授業などを通してある程度受験物理の基礎的な力を身に付けた人が使うべき本です。 ベストセラーだけあって内容はとても良いのですが、掲載されている練習問題の難易度は高いです。 何回も読み込めば、めきめき物理の力が付いていく名著です。


4位  橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (力学編)
概要:参考書 おすすめ度:★★★★☆
レベル:〜中堅大学志望の受験生 ボリューム:普通
物理を初めて勉強する方にとってはこれ以上分かりやすい本はこの本以外にないと思います。 集中して読めば基本的な力学の問題へのアプローチが分かってくるはずです。ただ、標準以上の問題を解けるようにするためには別途問題集を用意し、演習を通してテクニックを身につける必要があります。


5位  橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (熱・波動・電磁気編)
概要:参考書 おすすめ度:★★★★☆
レベル:〜中堅大学志望の受験生 ボリューム:普通
説明の仕方は非常に良く、偏差値30,40台の受験生必読の参考書。 1ヶ月以内にテキパキと終わらせて物理のエッセンス等に繋げましょう。



・その他のおすすめ参考書

新・物理入門 (駿台受験シリーズ)
大学受験レベルだけに留まらない物理学の基本的な部分を全て押さえた名著。
大学教育における物理学に繋がる要素がふんだんに盛り込まれており、解析(微分積分など)系数学の重要性がヒシヒシと伝わってきます。 また、高校物理で微分積分を使わない昨今の教育に反して、しっかりと重要性を説く筆者の姿勢には頭が下がります。 最初はわからなくても、じっくり紙と鉛筆を持って取り組めば必ず力がつく。本質的な勉強にもつながり、ただ物理をやっていると いう壁より遥かに高い壁を越えられます。
理系学生必携の書。大学受験生だけではなく、大学生以上の方にもオススメです。

物理のエッセンス 熱・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)
ベストセラーの熱・電磁気・原子版です。分かりやすく量もちょうどいいのでやり込むには最適。 こちらもある程度受験物理の基礎的な力を身に付けた人が使うべき本です。

すきになる高校物理
高校の物理学について基本的な視点から説明しています。 公式等の参考書ではわからないところも解説されており、これから物理を勉強する人の入門、または物理の勉強に疑問がある人におすすめします。

Physics Girls 物理法則 萌えて覚える物理学の基本
内容はとてもしっかりしていて、参考書としての出来は合格点。 右に萌えキャラ、左に図解と説明が記載されています。図解はわかりやすく説明もコンパクトにまとめられています。 物理があまり好きではない、という人へオススメです。

宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)
分厚いですが本当に「読んでわかる」参考書です。 すいすい疑問点が解けていきます。物理を深く理解したい方にお勧め。

宇宙一わかりやすい高校物理 力学・波動
物理は、なぜこの公式ができたのかの理由が理解できることが大切ですが、その点イラストで分かりやすく書かれています。また、解説・簡単な問題の本編と、問題集の別冊に分かれている点も使いやすいです。

大学受験Doシリーズ 漆原の物理 明快解法講座 三訂版
旧版の詳しい解説や簡潔な基礎知識はもちろん、新課程版では新しい問題も加わり、さらに充実したものになっています。2次・私大入試の基礎固めはこの1冊で充分でしょう。センター試験にもこの1冊で対応できると思います。




理科の概要へ  化学1・2へ  生物1・2へ  地学1・2へ  理科総合A・Bへ