×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

数学1Aのおすすめ参考書比較ナビ!

                         数学1Aのおすすめ参考書を徹底比較!

おすすめ参考書
比較ナビTOP

==== 語学系資格 ====

 TOEIC

 英語検定

 中国語検定

=== ビジネス系資格 ===

 日商簿記検定

 宅地建物取引主任者

==== その他資格 ====

 秘書検定

 色彩検定

==== 大学受験 ====

 英語

 数学
   数学1A
   数学2B
   数学3C

 国語

 理科

 地歴公民

 小論文

==== TOPICS ====

 ・資格難易度と学習時間

==== その他 ====

 ・リンク




最終更新:2014/07/14

数学1Aの参考書

このページは、数学1Aの参考書について記載しています。
数学の概要数学2B数学3Cはページ移動をお願いします。

数学1Aのおすすめ参考書プラン


センター試験のみを目指す受験生:

フォロー(必要であれば): これでわかる数学I+Aこれでわかる数学II+B  
網羅系参考書:白チャート1+A白チャート2+B
センター試験対策:きめる!センター数学I・Aきめる!センター数学II・B


中堅国公立、私立を目指す受験生:

フォロー(必要であれば): これでわかる数学I+Aこれでわかる数学II+B  
網羅系参考書:黄チャート1+A黄チャート2+B黄チャート3+C(理系)
センター試験対策:必勝トレーニング数学IA必勝トレーニング数学IIB
問題演習:数学1・A標準問題精講数学2・B基礎問題精講数学3・C基礎問題精講(理系)


難関国公立、私立を目指す受験生:

網羅系参考書:青チャート1+A 青チャート2+B青チャート3+C (理系)
センター試験対策:必勝トレーニング数学IA必勝トレーニング数学IIB
問題演習:1対1対応の演習数学I数学A数学II数学B数学III(理系) 、 数学C(理系)


原則的に、この基本プランをやり込めば、数学力は飛躍的に向上します。
ご自身のレベルや時間に合わせて、各ページを参考に、適宜アレンジして学習を進めてください。
数学の参考書についての詳しい解説も各ページに記載しております。
リンクをクリックすればレビューを見ることができます。


数学1Aのおすすめ参考書

1位  1対1対応の演習数学I―大学への数学  /  1対1対応の演習数学A―大学への数学
概要:数学問題集 おすすめ度:★★★★★
レベル:やや難〜難 ボリューム:普通
良問だけが厳選されている良書です。実際の入試問題から作られているので、公式を一通り覚えてからこれで学習をすると非常に効果的です。難関大の整数問題も1対1だけで充分でしょう。 数学II数学B数学III数学C も同シリーズです。 「量のチャート」「質の1対1」とよく言われます。基礎が危うい人はまず下のチャートで演習量をこなしましょう。


2位  チャート式 基礎からの数学1+A
概要:数学問題集 おすすめ度:★★★★★
レベル:易〜難 ボリューム:非常に多い
多くの学校でも使われている数学問題集です。通称青チャート。 収録問題数が多いため、自分のレベルに合わせて取捨選択して学習してください。 同じシリーズでは難易度順に、赤チャート (東大京大医学部向け)、青チャート(難関大向け)、黄チャート (一般国公立向け)、白チャート (数学が苦手な方向け)があります。迷うなら青チャートにしておけば間違いないでしょう。 数学2Bの青チャート も合わせて学習しましょう。


3位  高校これでわかる数学I+A (基礎からのシグマベスト)
概要:数学解説書 おすすめ度:★★★★★
レベル:やや易 ボリューム:普通
数学が苦手な方や初学者にお勧めの解説書です。高校数学は独学が難しい教科ですが、高校の授業についていけず困っている人は、まずこの本を読むことをすすめます。 問題演習は、同シリーズに高校これでわかる数学I+A問題集 があるようです。 これでわかる数学II+B も同シリーズです。


4位  センター試験必勝トレーニング数学IA
概要:センター数学問題集 おすすめ度:★★★★☆
レベル:普通〜やや難 ボリューム:普通
センター試験対策の問題集です。予想問題やセンター独特の解法問題が収録されています。知っていれば得である時間節約テクニックについても解説されており、センター試験の対策問題集としては非常に良い参考書です。必勝トレーニング数学IIB もどうぞ。


5位  きめる!センター数学I・A (センター試験V BOOKS)
概要:センター数学問題集 おすすめ度:★★★★☆
レベル:普通 ボリューム:普通
文系の方はもちろん、理系の方も基本を固めるためには最適なセンター対策の問題集です。また実戦編では、センターだけでなく二次試験の数学にも使える知識をつけることが出来る良書です。きめる!センター数学II・Bもお勧めです。



・その他のおすすめ参考書

網羅系テキスト、問題集

本質の研究数学I・A―Lectures on mathematics
数学の解説テキスト、問題集。解説、例題、演習問題という至って普通の構成だが、解説が非常に丁寧で、難解な部分はすべてフォローしてくれている良書。
問題を解くテクニックにむやみに走らず、数学を学ぶことによって 本来どんな学力が身に付くべきかという観点に立って解説がなされている。
そのため、現在の数学教育に欠けている「筋道立って考える力」や 「疑問を着実に解決しながら前進する力」を身に付けることができます。

数学I・A基礎問題精講
隠れた良書です。他の参考書に比べて、別解の検討が充実しています。数学が苦手な方にも、得意な方にもおすすめ。
問題レベルは教科書の章末問題レベルから入試初級レベルです。100問程度の例題と解説、類題という構成になっています。
問題を解くときの考え方や指針がわかりやすく丁寧で、教科書から入試レベルへの橋渡しとして適切な問題が集められていて、量も多すぎない為、数学に苦手意識のある方に特にお勧めです。
最初から解けた問題は研究で更に理解を深めることをオススメします。 また、これを完璧出来ればハイレベル精選問題演習に進むのも良い選択肢です。 地方大学であればこれを繰り返しやるのも効果的です。
受験数学の本としては奇抜な解法に走らずに、標準的な解法を良問を用いて良心的に解説されており、実況中継とまではいかないものの、実際の講義の分かりやすさが再現されている良書です。

数学I・A標準問題精講
正統派の問題集。難易度は標準的で、地方国立、中堅私立志望の受験生はこれを完璧にすれば充分合格点に達します。
扱っている問題が良問ぞろいな上に、解説の質も高いです。チャート式の解説に満足いかない人には取っ掛かりやすいかも知れません。
場合の数・確率はPを用いずに、積の法則を用いて解説している点に特色があります。また、確率の分かりやすさは秀逸です。
理系受験生は1Aにあまり時間を掛けたくない人はたくさんいらっしゃるはずです。そこで本書が役立ちます。標問の中でも1Aは問題数が絞ってあり、精講・解説がとても詳しいです。
これでも難関大に出る最低限のテーマは抑えられるし、演習問題合わせても1ヶ月ちょっとで終えることができます。数学が得意な人は高2の夏ぐらいから取り組むことができる難易度です。
ただ1Aの標問は1対1より少し易しめで東大京大や医学部を志望している人は1対1の方が良いかもしれません。

元気が出る数学I・A 新課程
基礎に最適。難易度、ボリューム共に適当なので、チャートや1対1に手を伸ばしにくい方におすすめ。


難関大学向け

大学への数学I―新課程 大学への数学A
言わずと知れた良書。難易度は非常に高いため、数学が得意な方におすすめ。

やさしい理系数学 (河合塾SERIES)
ハイレベルな問題集。この問題集をある程度こなせれば難関大(旧帝の医学部を除く)の試験問題でも合格点を取れてきます。決してやさしくないので注意。

ハイレベル理系数学 (河合塾SERIES)
ハイレベルな典型問題が網羅されています。この問題集を一通りこなせば、東大、京大、阪大、東工大などの数学にも対応できます。

理系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
難関大志望者は通常の問題演習として、中堅国公立大志望者は本番直前の過去問演習と並行して使える良書です。

文系数学の良問プラチカ―数学I・A・II・B (河合塾SERIES―入試精選問題集)
文系向けとしては難易度は非常に高く、難関国公立、私大志望の受験生が対象です。

数学1+A+2+B極選50 実践編
少数の良問を通して本質の研究のエッセンスを示している問題集。難易度は高く、旧帝受験者向け。

最新版 佐々木隆宏の 数学の発想力が面白いほど身につく本 (数学が面白いほどわかるシリーズ)
難関大学の問題に必要な発想力と高度な解法を身につけることが出来る。


センター試験対策

チャート式 センター試験対策数学1A+2B
チャート式シリーズのセンター対策本。青チャートや黄チャートを買う必要がない方はこちらをおすすめ。

センター力UP!はじめからわかる数学T・A (センター力UP)
センター力UP!はじめからわかる数学T・A&U・B (センター力UP)
センター数学の入門書。難問奇問は無いため、受験数学の最初の一冊に適しています。

パワーUP版 センター試験 数学I・Aの点数が面白いほどとれる本
良書です。センター試験対策と銘打っているが、二次試験対策の導入にもおすすめ。場合の数、確率については非常に詳しく解説されています。


数学が苦手な受験生向け

やさしい高校数学(数1・A)
数学が苦手な方やセンター試験対策をしたい方におすすめ。基本を押さえつつ、受験に使えるテクニックも解説。

沖田の数学1・Aをはじめからていねいに 方程式と不等式2次関数
沖田の数学1・Aをはじめからていねいに 三角比平面図形編―数学
数学にアレルギーのある方におすすめ。類書よりも解説が丁寧で詳しい。

スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A (Part1)
スバラシク面白いと評判の初めから始める数学I・A (Part2)
対象は偏差値40〜50あたりの受験生。Part1は数と式、方程式、二次関数、三角関数、Part2は場合の数や確率などを収録しています。

語りかける高校数学 数1編
学習者がつまずきやすい点を分かりやすく解説している参考書。ボリュームは多い。初学者向け。

聞いてしまえばとっても簡単!数学1―本質の講義
聞いてしまえばとっても簡単!数学A―本質の講義
教科書レベルの内容をきちんと説明している参考書。基礎を固めたい方におすすめ。




数学の概要へ 数学2Bへ 数学3Cへ